モラハラにDVが加わった日①

この記事は約3分で読めます。

「夫からのDVはないから、なんとかガマンできる。」

ずっと、これだけはマシだと思っていた自分の境遇がくずれ落ちた日。

ついに、モラ夫から叩かれた。

事件現場は、まだ子どもたちが起きていないある日の朝のキッチン。

ことの発端は前日の夜。

お金がないない言って生活費を出ししぶる夫が、ネットで5千円ぐらいで売れるものを持ってきて売るように指示した。

「5千円で売れたら、千円あげるよ!」
と、ニコニコして言うので、

「ちょうど年賀状買って5千円かかったのよね。」
うっかり返答してしまった。

みるみるモラ夫の顔が鬼のように変化。

しまった!!
と後悔しても後の祭り。

「なんて奴だ!利益全部よこせと言うのか!」と激怒。

「ちがう、5千円かかったから千円でも足しになると助かると思った」と説明するもムダ。

「全額取るような奴にはもう頼まない!自分で売る!」

と言うので、怒らせたし千円ももらえなくなってしまったけど、ネットで売るというメンドウな仕事もなくなったしま、いいか…と思っていると。

家計が苦しいのに協力しない
態度と言葉づかいが悪い
目標を持って努力しない
子どもにはえらそうに言うくせに自分は楽をしている

、、、等々。

数々の暴言や非難を浴びせられて、気分悪く就寝となった日が前日のことだった。

そして翌日の早朝。

キッチンで夫のお弁当をつくっていると、昨日のことを土下座して謝るように要求される。

土下座はしなかったが、ごめんなさいと謝ると、次の瞬間、

「二度とそんなことをするな!」
という言葉とともに本で頭をバーンと叩かれた。

初めての身体的なDVに頭がまっしろになり、痛かったのかどうかも覚えていない。

その後も、台所仕事の手を休めるなと怒鳴られ、泣きながら料理をしている横でずっと責められる。

稼がないのにえらそうだ
なまけてないで資格を取れ
妥協していっしょにいてやってるから言うことに従え
これから生活費を減らすから足りない分は自分で稼げ
今まで甘やかしすぎた
誰も言う人がいないが、おまえはみんなに迷惑をかけている
気づかせてもらえて感謝するべき

徹底的にわたしを否定するような言葉のシャワーをあびせ、

お前の頭の中は、雑草がボーボーだ!

と極めつけ。

こんな言葉、どうしたら思いつくんだろう?
しかも、よりによって家族に投げつける?

あまりにインパクトのある暴言なので、調停のときにも使った(笑)

「つらかったり、傷ついたことばはどんなものですか?」

と聞かれると、あまりにもありすぎて言い出すと止まらないのだけど、
これはなかなかない破壊的ワードなので書きとめておいてよかった。

5年以上前のことなので、こうしておかしげにも書けるけど、当時はこれで心が折れた。

今、これを書くために当時のメモを開いたけど、読み返すと胸から上にグーっと圧が上がってきて、のどの奥につっかえたような苦しさを感じる。

この日から数日のできごとが、3年後にモラ夫から逃げ出す大きなきっかけとなった。

コメント