モラハラにありがち・経済的DVのはじまりと進行のしかたを大公開

この記事は約7分で読めます。

モラ夫から経済的DVを受けている人は多いらしい。

モラ夫は典型的なジャイアニズムの人間だから、
“オマエのものはオレのもの、オレのものもオレのもの”という思考。

ものすごいケチで貯金が趣味だったり、
自分の趣味にばかり好きに使う経済的DV夫もいるかもしれないけど、
モラハラ夫の経済的DVはそうではない。

単純に、妻ごときがオレの金を自由に使うのが許せないというモラ夫の本能。

夫婦は助け合って同じ生計で協力して生活するということを知らないんだろう。

もしくは、知ってたとしてもバカバカしくて
オレには関係ねーからオレ流でいくということなんだろう。

なのに人並みに結婚しようだなんて考えるから悲劇がおきる。

さいしょから、こう言えや。

「オレ様のかせいだお金はオレ様が好きに使うよ。
でも死なない程度の食費はあげるから自由に使ってね。
足りないならパートぐらいしてもいいよ。」

ちゃんと予告してくれてたら丁重にお断りしてたし。

モラ夫は結婚前は気前がよくて、無頓着だから家計はまかせるよなんて言ってた。

無頓着どころかめちゃくちゃ金に執着しとるがな!

経済的DVは突然はじまった

ケチ

結婚してから8年目、モラ夫が家計をにぎると言い出した。

モラ夫が満足する貯金が貯まっていないから、わたしにはまかせておけないという理由で。

たしかにそれまでのわたしは、子どもが小さいこともあってあまり節約できてなかったし、
家を建てるときにたくさんの現金を使ってしまったので残高が少なかった。

当時は家のローンをのぞいた28万円で1ヶ月をやりくりしていた。

「同じ金額を毎月もらうのなら同じことだし、
ボーナスとかの貯金を自分で管理するんなら、
むしろ旅行代や大きな買物代を工夫しようと思ってくれるかもしれない。」

その程度に思っていたけど、実際にもらえるのは16万円になった。

一気に12万円も減らされてしまって困ると抗議したけど、
それだけあればじゅうぶんだからあとは貯金すると言ってモラ夫は引かない。

必要な出費は言えば出すから心配するなということで押し切られた。

16万円といっても、光熱費や子どもの幼稚園などの月謝など、
11万円は引き落としにあてられて、
年払いしている保険や税金や車検なんかは
これまでどおりわたしの管理で払えというので月3万円プールする。
だから、生活費として使えるのは2万円だけ。

2万円では食費にもならないし、日用品とか交際費なんかぜんぜん出ない。

はじめのほうこそ、わたしのコンタクトレンズ代とか化粧品代とか
切れたから買いたいのでくださいとお願いすれば出してくれたが、

モラ夫は1~2万円ざっくり渡すとかの度量がないケチ男なので、きっちりレシート分だけしかくれない。

だからお願いする金額は小さいけど回数は多くなる。
そしてモラ夫はこんなふうにキレる。

「あのさ、3千円くらい出せない? 子どもじゃあるまいし。」
「は? また? 先週も2千円あげたよね?」

その後、足音ドンドン、ドア閉めバンバン、ため息ハーハー、そして無視がはじまる。
こわいし子どもに見せたくないし、わたしはモラ夫に請求するのをあきらめるようになった。

モラ夫がお金を出さないのでパートをはじめる

どうしても2万円では足りなかった。

わたしは節約上手なママ友に2万円でやりくりできないか相談した。

ママ友は、生活費の現金はどんなに節約しても6万円は必要だと言った。
ダンナさんにちゃんと言ったほうがいいし、聞いてくれないならお互いの実家に相談したほうがいいとまで言って心配してくれた。

モラ夫に、16万円もらってもほとんどが引き落としだから実際は2万円しか使えないと必死に訴えたけど、
話の途中で耳をふさぐしぐさをして、こう言い放つ。
「言いわけ無用! 16万円あればじゅうぶんなはず。どこの奥さんもそれぐらいでやってる。」

結婚してからずっと専業主婦で、子どもがまだ幼稚園だったからすごく不本意だったけど、
お迎えに間に合う2時までのパートをさがして働くことになった。

モラ夫はパートなんて人にやとわれて安い時給で無能なヤツがすることとバカにし、
家と子どものことはちゃんとやれよと言ってきた。

それでも、パート代を6万円かせぐようになり、合計8万円の生活費になってゆとりが生まれた。

パートで家計を助ける主婦って案外ふつうかもしれないし、
貯金はモラ夫がやってくれるのならなにも考えなくていいからそれでいいのかもと思った。

生活費はどんどん減らされる

共働きの家庭なんかは、固定の引き落としは夫で、生活費は妻が担当というパターンをよく聞く。

だから、パート代で生活費をまかなうのもおかしくはないかもしれない。

子どもが小学生になって幼稚園代がかからなくなると、その浮いたお金を新たな習い事にあてたり、
保険やプロバイダの見直しなどで残るお金を少し増やしたり、
子どもが留守番できるようになったらパートを増やしたりして
なんとかモラ夫からもらうお金だけで生活をした。

生命保険の加入や見直し相談をファイナンシャルプランナーが全国無料で診断!

だけど、今度はモラ夫が単身赴任になってお金がかかるからと
わたしに渡す金額は12万円になった。

給料がいくらなのかは知らないけど、源泉徴収票によると年々収入は増えていた。
それなのにわたしには減らされる。

ありとあらゆる固定費の見直しや節約で引き落としされる金額は減っていたけど
古くなってきた車の車検代や修理代に対応するため積み立てを増やしたので、

12万円では引き落としと積み立てに全額消える。

何度も、家計はあなたがということなので、車関係はお願いと頼んだけど、
いやいやそれはオマエの領分だろうと却下される。

わたしは時給が高いパートに転職したり、時間を増やしたりして
扶養内ギリギリの8万円をかせいで生活費にあてた。

家を出てやると決意して扶養を抜けて働く

絶望

世間の常識なら、いつもどんなときでも味方になるはずの夫から、

サンドバックのように、ののしられ、努力が足りないなまけていると怒られ、
ただの引き落とし分にしかならないお金しかもらえず
なのに性行為を強要し自分の欲望だけ満たそうとする。

こんな人生がモラ夫が健在な限り続くという理不尽さに目が覚めた。

こんな家から逃げないと命があぶない……!!

モラ夫からもらうお金は12万円。
そこから生活費に使えるのは0円。

わたしのパート代は8万円。
生活費でいっぱいいっぱい。

家を出る半年前、モラ夫に扶養を抜けて働きたいと相談した。

モラ夫は当然顔をしかめ、社会保険や税金が引かれて働き損になるぞと言った。

わたしは、この先法律が変わればどのみち今の収入でも社保に入ることになるから、
だったら収入を増やしたほうが控除額は大きくても手取りは確実に増える。
子どもにかかるお金もますます増えてくるから、かせがないと足りない。

というようなことを説明した。

モラ夫は、生活費が足りないから自分にお金を出してほしいと考えずに
わたしのパートを増やしてお金をかせぐという計画を理解し、
自分のふところはいたまないし、妻にますます負荷をかけることに満足したようだ。

だけどドケチなモラ夫はわたしの扶養手当が会社から支給されなくなることを調べてきて、その分を減らすと宣告した。

よって、わたしが最終的にモラ夫からもらっていた生活費は10万円。

この金額を、のちに依頼した法律事務所で話すと、話を聞いていた所長さんと弁護士さんは絶句した。
さらにその10万円は光熱費などの引き落としに消えると話すと、ますます顔を険しくした。

わたしは自分のパート代12万円で、生活費と年払いの保険や税金などを払っていた。

でも、モラハラから逃げたい執念で、
節約して残したお金やクラウドソーシングの内職代を貯めて別居資金をつくった。

クラウドソーシング「ランサーズ」会員募集(無料)

経済的DVを詳細に記録することが大切

どうでしょう? あなたもモラ夫から経済的DVをされていませんか?

モラ夫は虎視眈々と生活費を減らすタイミングをねらっています。

そして、話し合いができない人間だから、いくら足りないといっても理解しようとしません。

お金が足りないことを夫に分かってもらう方法として
「男は何にいくらかかるという数字をはっきり見せれば理解する」
とある本に書いてあったので、きっちりと表をつくって見せようとしたこともあったけど、

モラ夫は見ませんでしたね。言いわけはいらないって手ではねのけて。

なんにせよモラ夫には一般論は通じません。

だから一般常識がある第三者に分かるように記録しておきましょう。

わたしは経済的DV年表を記録していたので、
弁護士さんはそれをもとにモラ夫への申立書に詳細に記載して突きつけることができました。

まとめ

《モラ夫からもらうお金の変化》
28万→16万→12万→10万

《モラ夫からもらうお金で実際に生活費として使える金額の変化》
14万→2万→0円→0円

このように表現を変えるとわかるように、
モラ夫からもらう金額を聞いただけでは、経済的DVなのかどうかイマイチわからないですよね。

モラ夫はつねづね、職場の人もみんな生活費10万円あればじゅうぶんと言ってると主張してました。
パート代全部使えるオマエはうらやましいよとまで言ってました。

給料が安いから渡すお金がないっていうなら分かりますよ?
でもモラ夫は年収1千万近くあるわけですよ。

たとえ安月給でも、ぜんぶ家計まかせてくれるやさしい夫と結婚したかった。

コメント