モラハラ別居万歳!モラ夫と離れてから50代になるのが楽しみになった

この記事は約5分で読めます。
風船

わたしはあと2年ちょっとで50歳になります。

結婚したばかりの20代のころは、50代のことなんて考えたこともなかったです。

でも、年のちがう友だちができてくると、
50代以降の女性は、子育てが一段落して
自分を楽しんでいる人が多いことに気づきました。

なにせ今の50代のみなさんって、
きれいで若々しくてとてもアクティブ。

だからわたしは
「子どもが成長して手が離れた50代になったら自分の時間を楽しめるんだ」
と、30代のころからあこがれるようになりました。

モラ夫といたときは歳を取るのがこわかった

ところが、そんな30代のある日、
どうにもおかしい、うまくいかないと思っていた夫が
モラハラだということに気づきます。

そして、モラハラについて調べれば調べるほど、
「夫がモラハラならば決して今以上に状況がよくなることはない」
と思い知ることになります。

すなわち、世間一般の夫婦のように、
子どもが成長した夫婦がまた2人仲よく趣味を楽しんだり、
あるいはそれぞれに好きなことを謳歌して自由に過ごしたり
そんな未来はわたしにはもう実現しないんだと気づきます。

子どもが小さいころは、何をするにしてもお世話が必要で
小学生になっても、まだまだ送り迎えなどが必要で。

「早く手がかからないように成長してくれないかな」
と願うのに、
「子どもが独立してモラ夫と2人になったときが怖い」
と相反する不安がおそいかかるようになりました。

子どもが大人になり家を出る時期。
それは早ければ子どもが大学生になったときです。

もし家から出るのがもっと遅くなったとしても、
モラ夫が定年退職すれば一日中家にいてモラれる毎日になります。

ただでさえ残業が少なくて有休も気軽に取れるモラ夫。
今でさえ子どもの世話をしながらパートで働くわたしより
家でブラブラしている時間が長いこともしょっちゅうですから。

この先ひとりで自由に過ごせる時間なんてこない。

わたしには世間のみなさんのような幸せな50代はおとずれない。

いや、むしろ50代からが、
子どもが介入することもなくなり、
またモラ夫も心身老化したぶん、
モラハラ攻撃の質も量も悪化するのはまちがいない。

そんなふうに日々の時間が経過することすら恐怖になっていました。

今よりよくなることはないとわかっていながらも、
とにかくその「今」がつらすぎるから
時間が過ぎてほしいといつも願ってしまいます。

なのに、心の奥では時間が進むことがこわいと思ってしまうんです。

この感覚、モラハラ生活を送るあなたには分かるんではないでしょうか。

子どもが成長するのがこわい。
自分が歳を取るのがこわい。
モラ夫がモラハラスキルをあげるのがこわい。

とにかくモラ夫と2人きりになる老後がこわい!!

モラ夫といっしょの老後生活は恐怖でしかない

わたしたちの両親の老後生活はどんな感じでしょう。

モラ夫の両親は、家庭菜園で野菜や果物をつくったり
遊びにいけば歓迎してくれもてなしてくれて
おだやかに幸せそうな老後にみえます。

わたしの両親は、定年のない自営業を続けながら
年に2回ほどは旅行へ行ったりして、
娘のわたしから見てもいい老後生活だねって思えます。

だけどわたしとモラ夫2人っきりの老後、
どういう生活が待っているかと想像してみます。

モラ夫は思いつきで家庭菜園とか言い出すかもしれません。
でも水やり草取り害虫駆除はわたしに丸投げして、
収穫の喜びだけを搾取しそう。

モラ夫とわたしの年金にはすごい金額差があるだろうけど、
今でさえ経済的DVされているのに
急に老後の家計運営が変わるはずないし、
ヘタすれば年金すら
「オレが扶養してたおかげで年金出るからオレのもの」
とか言いそう。

たとえばわたしの実母は
「お父さんと旅行なんてイヤだから」
って、女友だちと旅行することが多いけど
モラ夫はもちろんそんなこと許さないだろう。

だからといって、モラ夫と2人の旅行なんて拷問はイヤだ。

子どもたちが結婚して孫がうまれたら?

モラ夫は自分の経済力を使って
子どもや孫にあれこれ援助して人気取りをするでしょう。
いっぽうわたしは、子どもや孫に何かしてやれるだろうか。

モラ夫は100歳まで生きたいとか公言してるし。

想像すればするほど、
ひとり自由な老後なんてこないに決まってる。

楽しい50代が待っていると考えるだけで楽しい

わたしも別居してしばらくは、
1ヶ月先、1年先のことを考えるのがせいいっぱいでした。

だけど、時間がたつと状況も変わるし気持ちも変わります。

子どもたちの大学進学の時期が近づいてくると、卒母も近いんだなと実感してきます。

このまえ職場の同僚がシフトを減らすと言ってました。
子どもが就職して家に5万円入れてくれるようになったから、
もうそんなにお金がいらないそうです。
学費と10万円の仕送りがいらなくなった上に
5万円も入ってくるからビックリするほどラクになったと。

「親の介護とか健康問題とかまだ深刻じゃない50代はいちばん楽しいのよ!
あなたもあとちょっとがんばればラクになるよ。」

先輩ママという存在はいつも、
わたしに気づきや助言や希望を与えてくれます。

子どもが5万円入れてくれるかどうかはわかりませんけど。

それでも自分ひとりが生活できるお金さえあって
モラ夫と接触せず、モラハラを受けずに暮らせるとしたら、
こんなに幸せなことはないと思います。

これまで暗黒の未来だと思っていた50代が、
こんなにもワクワクと楽しみに思えるのはモラ夫と別居できたから。

モラ夫から逃げてほんとうによかったです。

コメント