脱モラハラ離婚に向けて財産開示を求めた結果

この記事は約5分で読めます。

モラ夫の弁護士にもモラ臭を感じる

別居から約1年たって、ようやくモラ夫も弁護士をやとった。

↑ この記事の続きだよ!

さっそく、わたしの弁護士さんがモラ夫の弁護士さんと連絡を取り、
離婚における財産分与の準備として財産の一覧を開示してもらうよう要求した。

ところが。

財産の一覧を用意するのには少し時間がかかるということで待つこととして、
子ども関係のこまごました連絡があるので、そこをすすめてもらってたんだけど。

弁護士さんが、モラ夫の弁護士は、どうも話が通じる感じがしないと言ってきた。

わたしの側のフレッシュな弁護士とちがって、相手は年配の男性。
古い知識や慣習の考えのままアップデートしてないかもしれないし、
年齢がモラ夫に近いぶん、また、モラ夫が依頼人だからモラ夫よりの思考になりがちだろう。

もしかすると、モラ夫の考えに合うような弁護士をわざわざさがしたのかもしれない。

わたしの弁護士さんはクールで仕事が速い若者なので、
おっさん特有の、論点からずれている部分でえんえんと不毛な調整話が続くことに違和感を抱いたようで

わたし宛のメールに、
「類は友を呼ぶのですね・・・。」
と書かれていた。

犬

モラ夫の財産開示額にわたしも弁護士もあぜん

そして、やっとこさ届いたモラ夫の財産目録に驚愕!

預貯金として、口座の一覧表になってるんだけど、
いくつかの口座にそれぞれ3万とか多くて20万とか少額残高ばかり。

しかも、よく見ると、
持ち出したら激怒するだろうからとおいてきた
わたしが管理していたモラ夫名義通帳の口座がいちばん残高あるし。
それわたしが貯めてやったんじゃん。

家のローンの引き落とし口座なんだけど、
毎月モラ夫がローン分振り込むだけでさわらなかったから、
引き落とし後のハシタが勝手に200万ぐらい貯まってた。

モラ夫からもらう生活費が足りなくて困っていたけど、
勝手にこのお金に手をつけるなんて恐ろしくて考えたこともなかった。

だけど、わたしが別居するときにはもう開き直って
半分もらうわってことで80万円引き出し、残りの120万はおいて出たきたんだ。
それでも半分以上残しておくというのがモラれ妻の奥ゆかしさよ。

モラ夫は、預貯金などは全部で約300万円と示してきたけど、
そのうちの120万がそのわたし管理だった口座で、150万は財形貯金など。

ようするに、モラ夫が持ってる口座残高は30万円だけ!

あのさ~、年収1千万近いのに、そんなわけないでしょ?
と、あきれ果てたけど、もういいわ……。
心底モラ夫を軽蔑した。

結局、わたしが開示した預貯金額350万円のほうが多いじゃん!
ってことになっているし。

こんなことってある?

しかもね、わたしの開示したお金のうち250万円は子どもの名義の口座。
これまでお祝いでいただいたお金や、モラ夫に取り上げられるまでの5~6年分の児童手当をだいじに貯めていたもの。

それをのぞいた残高が100万円。脱出後の生活費が不安で80万円持ち出してるからそんだけあるってわけで。
それにしても、パート主婦のわたしのほうが資産が多いっておかしいでしょ!

弁護士さんも、モラ夫の預貯金額がありえない・・・と納得してなかった。

けど、あまたある金融機関を離婚の財産開示のために調べるすべはなく、
この口座を出してくださいとの求めに対して、相手がみずから開示するという流れとのこと。

だから、考えられる口座すべてを開示要求したけど、
0円とか500円とかカスみたいな残高の口座も多かった。
ゴミ口座は解約しないと銀行にも迷惑だよ!

逆に、モラ夫がなぜかわたしの口座を口座番号など指定して、出せと言ってきたものがあった。

1つは数万円の残高が入っていたことを開示して、
他には過去に解約していた口座もあったから、
手続がメンドウなうえに、電話代や手数料を1000円ぐらいかけて解約証明書みたいなのを取り寄せて出した。

それにしても、口座番号まで指摘してくるなんて。

家を出るときにわたしの痕跡はすべて消したつもりだったのに、あまかったのかもしれない。

だけど冷静に考えて、モラ夫が渡す生活費はぜんぜん足りない金額で、
わたしの仕事は別居時ちかくまで扶養内のパートだったんだから、
妻の口座を出せと言ったところで、大金なんてあるわけないって分かるよね?

たとえ少額でも開示しろと迫る執念がモラハラ男らしいな~とゲンナリした。

他にお金をかくしてるのかもしれないけど、
自分はぜんぜん貯金できてないとさらして恥ずかしくないんだろーか。

次回、離婚合意に続く。

コメント