モラハラされたことを記録しよう!それは未来モラハラ離婚の武器になる

この記事は約3分で読めます。
日記を書く

モラハラに傷ついた記憶は残るが具体的に思い出せない

毎日毎日モラハラを受けるわけではないかもしれない。

そりゃーと結婚したぐらいだから、モラ夫と楽しく過ごす日々も多かった。
いや、なにごともなく過ぎる日のほうが割合としては多かった。

でも、ある時期からモラ夫の中で火がついたのか、少しずつモラハラが悪化していった。
そしていつしか、なにごともない日が少なくなるほどつらい結婚生活になっていた。

わたしは、信頼する友だちに「ひどい仕打ちを受けた」ということを相談したりもした。

が、不思議なことに、何がきっかけでモラ夫が怒り出し、具体的にどういうことをされたり言われたりしたのかはっきり思い出せないこともあった。

のちにモラハラのことを調べて分かったんだけど、モラ夫は理由があって怒るわけではなく、怒りたいからその時どきでそれらしい勝手な理由をつくるという。(怖)

だから、怒るポイントが一貫してないし理由になってないことがあるんだね。

当然、こっちはなぜモラハラされたか思い出せないし、言われた内容も思い出せない。
あまりのショックに、脳が心を守っているのかもしれない。

モラハラ日記はいつか証拠資料になる日がくる

「モラルハラスメント」という言葉を知り、モラハラというDVを受けていることを自覚してから、わたしは自分が受けたモラハラ行為を記録するようにした。

モラハラから逃げ出したいと思ったら、いつか実行に移す日がきたら、高い確率で離婚調停や離婚裁判になると分かったから。

その時点で結婚してから10年近くたっていたので、それ以前の思い出せるできごとも夢中でノートに書いていった。

思い出す作業はとても苦しくて、気分が悪くなり何度も中断して進めたので何ヶ月もかかった。
わたしは涙を流しながらモラハラ体験を記録した。

それから約5年後。
もはやこれまでと追い詰められて弁護士事務所に相談に行ったとき、この記録があったから、これまでどんな被害にあってきたかをうまく伝えることができた。

モラ夫に代理人を通して文書を送る際や調停の席でも、モラハラ記録が大いに役に立った。

だから、
「つらい。モラハラかも?」
と思うできごとがあったら、あなたも何かに記録をしてください。

別れたいとぼんやり思ってはいても、無職で小さい子どもがいるなど理由があって、離婚することなんてまずできないと思う人もいるでしょう。

それでも、
「いざ脱出するぞ!」
ってときが訪れる可能性はあります。

そしてそのとき、モラハラメモは確実に武器の一つになるのです。

モラハラ日記はモラ夫に見つからないように!

ノートに「モラノート」なんて書いておいてモラ夫に見つかった日にゃ~殺されますぜ。

モラハラの記録は、ぜったいにモラ夫に見つからないように細心の注意を払ってくださいね。

どんなにかくしていても、ここだけは見ないよね、ってはずのところを何かのはずみに発見するのがモラ夫の特殊能力…。

わたしは、いつも持ち歩いている手帳のうしろのほうのメモ欄に書いたり、スマホのwebノート(エバーノートを愛用してます)にパスワードをかけて保存してました。

タイトルは、ゲスノート。(笑)

弁護士さんもそのタイトルにクスっと笑ってくれて、場がなごみましたよ。

Evernoteの紹介は?の記事で。↓

コメント

error: Content is protected !!