モラハラ下の生活では節約にはげむのが正解

この記事は約5分で読めます。

自分だけ家計から自由にお金を使うモラ夫

モラハラを受けている人は、けっこうな割合で生活費をじゅうぶんにもらえないという経済的DVも受けています。

もちろん、わたしも生活費をもらえずに苦しんでました。
子ども関係のお金さえ、3千円くださいとかいちいち機嫌を見ながら頭を下げてもらう生活をしいられてました。

モラハラをするモラ夫は、高収入の人が多いと言われてますが、
共通するのは妻がお金を自由に使うのが許せないということ。

自分に超あまいのに、妻には激きびしいモラ夫は、自分のためにはお金を躊躇なく使います。

だから、ある程度の収入がある家庭でも貯金がなかなか増えません。

たとえ妻が家計をにぎっていても、ふつうの家庭のように節約の協力はのぞめず、
モラ夫が出せといったお金は無条件に出さないといけないので貯金が増えません。

貯金なんてできないし、モラ夫が使ってるのにだったら自分ばかり質素倹約するのはバカらしい!

そう思って節約を放棄してしまうのは危険。

それはなぜか、切々とお伝えします。

節約してお金を貯めるべき理由

貯金

モラハラ脱出資金が必要

家を出るなんてまだ考えられない人も、ぜひヘソクリをしてください。

わたしもそうでしたが、モラハラされる人は、
常識や良心をすごく重要に考えているというか、とらわれすぎてる傾向があるので、
夫にナイショの貯金なんてよくないと思ってしまいがち。

でも、実際は円満夫婦でもヘソクリしてる人はごまんといます。
全然ヘンじゃない!

モラハウス脱出には最低50万円は必要なのです。

家の財産は半分は妻のものです

経済的DVはされてないというモラれ妻、モラ夫が好きにお金を使うから自分も使わないとソンしてしまうと思いません?

でも、離婚するとき財産分割する家計の貯金は多いにこしたことはありません。

たとえ離婚せずにモラ夫と共存していくにしても、
子どもの教育費やなにかの不測の事態などでお金が必要になったとき、
円満家庭とちがって、モラ夫とは平和的に話ができないんです。

対等で仲よし関係の夫婦のように、協力してのりこえるということは不可能なんです。

そんなときも、家庭の貯蓄がある程度あれば、もめごとは緩和されるでしょう。

結婚後に築いた財産はすべて夫婦共有のものなので、
離婚のときはすべてを合算して財産分与することになるのがくやしいですけどね。

わたしが節約した具体例

家の大きなことに関わる節約は、モラ夫の目につくので、節約して家計に貢献しているとアピールできます。

たとえば保険の見なおし、してますか? 

家を建てるときに団信に入らなければいけなかったので、モラ夫の生命保険はさっさと1000万円程度に減額して年間何万円も安くなりました。

車だってガソリンを一回入れると何千円もかかるので、それまでより月一回給油を減らすことを目標に、
スーパーへの買物なんかでちょこちょこ車に乗らずに自転車を使うようにしました。

もっとも、節約がんばってる姿をねぎらいもしないのがモラ夫ですけどね。

モラ夫が気づかない・評価しないような細かい節約もがんばって、それはモラ夫に知られないような自分の貯金にしました。

わたしの美容費なんかは、美容室を安いとこに変えてしかも行く頻度を減らして。
最初はみじめに感じるけどすぐ慣れます!
おばちゃんの髪型なんて高くておしゃれなとこに行ってもたいしてステキにならないと割り切ります。

化粧品ものきなみグレードダウン。デパートなんかで買ったのは15年以上前……。
だんだん安いコスメに変えてきて、今では口紅はキャンメイクです。
アイテムも少なくなって、チークもないしアイシャドウは1色、口紅は2色だけ。
どれも使い切ってから買うというミニマリスト風ですませているので、ほんっとお金かからなくなりました。

洋服もむやみに買わない&プチプラにチェンジ。
10年前買ったブランド服より今シーズン買ったユニクロのほうがおしゃれに見えます!

モラ夫が単身赴任になってからは、平日のごはんをとことん質素に。
子どものジュースなんか買うことはめったになく、果物なんてぜいたく品は買えません。
牛肉買えずに、鶏肉ばかり。
ママ友はみんな肉と魚交互に出すと言うけれど、魚は高いから給食におまかせでめったに買いません。
多めにつくるということをしないから、子どもがおかわりと言っても2膳目は納豆かふりかけ頼み。

節約効果は脱出貯金にも脱出後の生活にも有効

モラハラをなんとかしたいとか、別居したいとか、いざ動くとなると無料相談だけではすまなくなってきます。お金がいるんです。

わたしは、別居前の1年はクラウドソーシングで夜中まで内職したりして貯金にスパートをかけました。
とにかくモラ夫が怖い、逃げたいの一心でした。

その執念もあって、Joeさんのカウンセリングやセミナーにお金を払ってでもすがりたいと思ったとき、その一歩をふみ出すことができました。

あとでモラ夫から、別居に使ったお金を財産分与から引けなんてセコいことを言われたけど、
それでもいったん別居資金として使えたのは、貯金をしていたからでした。

別居後の生活はぜいたくはできないから、さらなる節約が求められますが、
すでに節約スキルが身についてるので、
モラ夫がいないマイペースの生活だと、ムダなお金がかからなくてよゆうです。

モラハラを受けているとそれだけで生活がつらいですが、
必ずおとずれるモラレスライフを想像して楽しんで節約にはげみましょう!

クラウドソーシング「ランサーズ」会員募集(無料)

コメント