モラ夫は面接官か上司のようで楽しく雑談できない

この記事は約4分で読めます。
うるさい

モラハラ夫といっしょに映画を見たくない

映画をいっしょに見る醍醐味って、感想を語ることですよね。

おもしろかったよねとか、感動したよねとか、
あの場面はこういうことだったんだよね? とか、
あの展開は他の映画に似てるのあったよねとか。

一人で映画を見るのも楽しいですが、
友だちといっしょに映画を見て、そのあと映画についてしゃべるのも好きです。

ところが、この相手がモラ夫だと楽しくならない。

「おもしろかったね」ではすまない、深い考慮と気のきいた表現で感想を述べないといけないんです。

モラ夫自身が気にいることばを引き出すまで、
「それで?」
「つまり?」
など、質問が続くのです…。

わたしは俳優の顔の区別が苦手で、
それに映画にくわしくなくてボーっと見ているもんだから、
伏線に気づかなったり、裏にこめられたメッセージ性を読み取れなかったりします。

そういうところを激しくののしられ、バカにされるわけです。

だから、映画を見ることは好きだけど、
なんとなくおもしろいとか、楽しい時間を過ごせればいいやとか
そういう生半可な覚悟ではモラ夫と映画鑑賞はできません。

映画を見る間、かたときも気が抜けないんです。
どのシーンのことをモラ夫が質問してくるかわからないですから。

正直、おもしろくないな~って、見てから気づく映画もあります。
逆に、めちゃくちゃおもしろかったな、っていう映画もあります。

だけど、モラ夫はオレ様が基準だから、モラ夫とちがう意見を言ったら大変です。

モラ夫がおもしろいと思ってるのに「おもしろくない」と言おうもんなら
「オマエごときに何がわかる!」
と怒られるし、
モラ夫がつまらないと判定を下した作品で感動しようもんなら
「オマエは本当に映画がわからない単純なヤツだな」
とバカにされます。

いろんな解釈があるジブリの映画では、いろいろイヤな思いをしましたよ。

だから、モラ夫と映画を見るとなったら、こっそり映画レビューを検索します。
多くの人の反応がどうなのか、どの場面が見せ場でどんなメッセージ性をもった映画なのか。

自分の感じたままを言えない。
自分の意見じゃ自信がないから、大衆のレビューとモラ夫の意見に合わせる。

こうやって、わたしは映画を見ることでも自分を失くしていきました。

政治や経済の動向もしっかりチェックしなければいけない

はっきりいって、わたしは政治や経済にうといです。

ニュースで流し見する程度だから、強い意見もないし。

だけど、モラ夫はまるで面接官のように今後の情勢がどうなると思うかなんて聞いてきます。

浅いぬるい回答では、主婦はお気楽だとかバカだとか怒られます。

子どもの学校の話とか、近所ネタとか、そういう雑談も気分がいいときは話せるし、
むしろ「そういう話をどんどんしてくれ」なんて、やさしいダンナさんのようなことを言うときもあるんです。

だけど、それをまにうけてサザエさんのように
「そういえば昨日ご近所でね…」
なんていう話ばかりしていると、

「頭の悪いヒマな主婦の会話につきあう時間はない!」
などと制し、
時事問題などに「オマエの」意見を述べよなどと抜き打ちテストをされます。

なんかもう…。

ほかの家庭でも、中身のない雑談をしながら笑ったりなんてしないんだろうか?

わたしがバカすぎて、勉強不足すぎて、これがふつうの会話なのに苦痛に感じてしまうのか?

モラ夫が面接官でわたしは合格するかどうか試されてる受験者みたいだとか、
モラ夫が上司で、わたしは常に課題を与えられる部下みたいだとか、
いつもそんなふうに感じて、なにを質問されるのか緊張していました。

モラハラ夫だと雑談が楽しくない

「そんなんだったら、なんで結婚した?」
って思われるでしょうね。

でも、結婚前のモラ夫は話題も豊富でユーモアもあって、
わたしとのくだらない雑談も楽しんでくれていました。

結婚してからも、バラエティ番組を見ていっしょに笑ったり、
どうでもいいおもしろいできごとに大笑いしたり、
そういうこともたくさんあったんです。

でも、だんだん、だんだん、モラハラ言動が出てきて、
雰囲気が悪くなるのが苦手なわたしがガマンしてゆずってを積み重ねていくうちに
気軽な雑談すらできなくなってしまいました。

雑談が楽しくない夫婦って終わってますよね。

それに加えて、もう怖いとしか思えないモラハラ夫ですから。

雑談すらできず、会話のために予習したり緊張したりしなきゃいけない怖い相手とは暮らせません。

コメント