【モラハラ別居】未来を変えよう!❝いつ❞or❝こんな時❞に別居すると決めておく

この記事は約5分で読めます。
man holding ice cream cone under cloud
Photo by Rakicevic Nenad on Pexels.com

別居できない自分を嘆かない

モラ夫に無理難題を押しつけられてどうにか断ろうとすると

「オマエはできない理由ばかりならべて努力しない」
「なぜやる前からできないと決めつけて拒否するんだ」

こんなふうに、これでもかとばかりに怒られました。

どう考えても理不尽なことを命令されてるのに、
自分にちょっと思い当るところがあるから傷つき苦しいんですよね。

心当たりというのは、言い訳をして仕事をしないという自分の短所です。

やらなきゃいけない家事を後まわしにして動画を見てしまう。
税金、教育、語学など、勉強すべきことがたくさんあるのにマンガを読んでしまう。

誰しもそういうところはあるとは分かっているのに、
人と比べて自分がどの程度なまけものなのか測れないし、
自分に自信がなくて卑下しがちな性格だから。

だから、モラハラになんか遭わない人なら決して従わない要求に
できる限りがんばらねばと自分を鼓舞してがんばっていました。

でも、もうがんばれない…。

そんな状態になってはじめて、「夫がこわい」とあちこちに相談します。
すると、誰もが口をそろえてこう言います。

「夫から離れなさい。別居しかない。」

そうはいっても、仕事してない、子ども小さい、実家をたよれない…。
ムリ、ムリ、ムリ…。

誰もが正解を教えてくれるのに、実行できない自分。
自分は悪くないんだと言い聞かせながらも、
わかっているのに逃げない自分が悪いと責めてしまいます。

ややもすると、厳しく言われることもあります。
「これだけ言っても動かないなら救う方法はありません」

でもね、こわいんですよ。

たとえば火の手が迫る高層ビルでどうしようと震えている状況で、
はるか下の地上から米粒ぐらいにしか見えない人が
「ぜったい助かるからマットに飛び降りて!」
と叫んでいても、飛び降りる勇気はなかなか出ないですよ。

今もつらいけど、実際これまでのモラハラに耐えてこれているから。
そんな勇気を出すより耐え忍ぶことが今できるせいいっぱい。

そんな時期ってやっぱりありますよ。

だから、モラハラがつらいつらいと涙を流しながらも
モラ夫と同居を続けるしかない今を生きるあなたを決して責めません。

すぐに別居できない自分を嘆くことはないんです。

「こうなったら別居する」とプログラムしておく

一生モラ夫と別居しないとしたら、耐えられそうですか?

もし、死ぬまでに少しでもモラ夫なしの自由な時間がほしいなら、
どんなタイミングなら別居できそうか想像してみましょう。

わたしは今でこそ別居できてますが、
モラ夫から逃げたいと思い始めたころは別居は遠い未来の夢でした。

まず思ったのは、不謹慎ながら、親が死なないと離婚できないということです。
それほどまでに、親には幸せな生活をしていると思わせたかった。

でもモラハラについての知識をつけていったり、
子どもが成長していき自分も歳をとっていき
モラ夫の仕打ちがひどくなっていくにつれ、
ぜったいに逃げたいと思うようになりました。

だけど連綿と続くモラハラ下にいると、
その脱出すべき時はいつなのかわからなくなります。

だから判断力がにぶっていても動けるように、
「こうなったらモラ夫から逃げる」と決めておくのが有効です。

「プログラムにしたがって動けばいいんだ」
と意識しておくんです。

予定を立てて行動すれば不安がなくなる

じゃあ逃げる時をいつに決めたらいいのか、わたしなりの考えを話します。

まず、「時間」で決める方法。

自分が50歳になったらとか、
子どもが10歳になったらとか、
タイムリミットを決める方法です。

お金や行動の準備が進めやすいのでオススメです。

次に、「限界点」で決める方法。

モラハラDVの限界点ですね。
その時に「限界だ…と感じたら」というぼんやりではダメです。
いつまでもあると思うな気力体力判断力。

「身体的暴力を受けたら」「経済的DVが始まったら」
というように、モラハラがランクアップした段階を「明確に」設定します。

ちなみにわたしは、最初は❝子どもが成人したら❞という予定でした。

それまでモラ夫にマインドコントロールされ思考停止していて、
身体的DVをされた時点で逃げるという瞬発力を持ちあわせていなかったから。
だから子育てが終わった段階でぜったいに別居すると目標を立てました。

タイムリミットを決めて別居までにできることやモラハラ対処法を探る中で、
カウンセラーJoeさんの言葉で目が覚め、
結果として40代で逃げることができました。

Joeさんから人生を変える言葉をかけてもらった時の記事はこちら ↓

一度きりの人生です。
モラ夫とグッバイまであと何日とカウントダウンできたらよくないですか?

さあ、あなたがプログラムしたタイミングはいつになりましたか?

↓ 今すぐはじめられる別居準備はこちら

コメント