モラハラ人間に嫌われる方法・わたしのしくじり行動から学んでね!

この記事は約5分で読めます。
拒否

このブログを読んでくれている人で、まだ結婚してない人はいますか?

彼氏がモラハラかもしれないと悩んでいる人や、
同棲、婚約、結婚してすぐなど、
幸いにして早期発見した人も読んでいるかもしれませんね。

そこで今回は、モラハラ男にロックオンされてしまったわたしの初期行動を振りかえり、
それを反面教師として、
「どうしたらモラ夫に気に入られずにすんだのか」を考察したいと思います。

モラハラ人間に近寄ってほしくない人、彼氏がモラハラかもしれないと疑っている人は参考にしてください。

1.恋愛初期に尽くしすぎない

まず前提として、モラハラ人間、とくに自己愛性パーソナリティ障害の人間は人を愛することはありません。
そこんとこヨロシク!

だけど、自分にとって利用できそうな人間を見つけると「好き」と思う感情はわくし、
さらにその相手が自分に好意をもっていることがわかると、情熱的な甘い言葉で口説いたりします。

外見や学歴収入などの条件がよく、人あたりもソフトでやさしい魅力的に見えることが多いモラハラ男。

いたってふつうのカップルのように、最初はお互いラブラブの時期があります。

が!

こんなこと言っては恋愛の醍醐味というか身も蓋もないですが、
相手に入れあげているときこそ、自分の感情をおさえて冷静になってください!

モラ夫は、自分を最優先してくれる女を重視します。

たとえ先に予定があっても、体調が悪くても、モラ夫が会いたいといえば合わせてくれる女。
あきらかに忙しくてつかれていても、モラ夫があまえたらごはんをつくってくれる女。
明日の仕事が気になっていても、生理中でも、モラ夫が望めば体を許す女。

モラハラじゃない人は、情熱にまかせてうっかりこういうことを要求してしまっても、
「○○だからできない」
と一回言えば引きます。

もっと言えば、「○○だから」と理由を言わなくてもイヤがっていると分かれば引きます。
理性ある男性なら、自己中心的な要望だったと恥じて後悔するので、謝ってサッと引きます。

断る、嫌がる、快諾ではない、
そういう態度を示しても引かないのがモラハラ男です。

つき合い始めは相手のことで頭がいっぱいでなんでも許して尽くしたい衝動にかられるものです。
でもこういうところを譲って受け入れてしまうと、相手がモラハラ人間だとあっという間に支配されてしまいます。

モラハラではない良心的な真人間だったらこれくらいでは嫌われません。
常識的な思いやりがあれば、そういうあなたごと愛してくれるから。

逆にモラハラ人間だったら「そんな女はオレのニーズに合わない」と判断して去っていくので、
ふられたのではなく「モラハラ人間につかまらずにラッキー!」と思いましょう。

2.自分の家族の話をする

モラハラ人間は、育った家庭環境に問題があることが多いと言われています。

親から虐待されていたり、あるいは過干渉だったり。

なので、もし相手が家族の話をし始めたら、違和感がないかどうかを観察してください。

父か母など、家族の中のある一人ばかり悪く言う・またはほめちぎる。
家庭環境が悲惨だったという同情を引く話をしてあなたの反応を見る。

こういうことがあったら要注意です。
ウソをついてかわいそうな自分を演出し、あなたをコントロールしようということがあります。

逆に、人の身の上話に興味がなく、自分より恵まれた環境の人間を激しくひがむのがモラハラ人間だから、
こちらから家族の話や子どもの頃のエピソードなんかを積極的に話してみましょう。

本当にあなたのことを愛して大切だと思うのなら、あなたの家族も過去もたくさん知りたいと思うのがふつう。

だけど、モラハラ人間はそういうことに興味がないので、スマホいじりながら聞く程度かも。
それどころか、ハッキリと「退屈だからその話するな」と言うかもしれませんね。

それを素直に受け入れて、家族の話をしないように気をつけてしまうと、
家同士のつき合いが多い結婚生活なんてうまくいくわけありません。

家族と仲いいことをちゃんとアピールしておけば、
「コイツ家族と密接だからモラハラしたらすぐばらされるわ」
とターゲットから外してくれます。

3.飾らない、がんばらない

そりゃ好きな人の前ではよく見せたいですよ。

デートのときにはメイクやおしゃれも気を使って、気配りもバッチリとね。

でも、モラハラ人間はその最高のパフォーマンスを見せた時を基準と認識するので、
手を抜くというか自然体になってラクしようとすると、とたんに攻撃します。

努力が足りない、ラクしすぎ、太った、などなど。

前はどんなに遠くても遅くても車で迎えに来てくれたのにとか、
最初のクリスマスのプレゼントはもっと高級なモノをくれたのにとか、

「恋愛関係の男女でも長くつき合ううちにそんなもんだよ」という概念がないから、
「オレ様のことが好きというからつき合ってやってるのになまけるんじゃねー」思考。

恋愛ハイの期間が長くなるほどモラハラ人間は図に乗ってマンネリ手抜きを許しません。

がんばってムリをして自分をよく見せるのはつかれるので、早いとこ自然体のあなたをさらしてみてください。
もしモラハラ人間なら「不快感」「説教」など、なんらかのモラ反応を出します。

モラハラじゃない相手ならありのままの自然体のあなたとふつうにおつき合いは続くでしょうけど、
モラハラ人間なら自分のためにがんばって合わせてくれる女じゃないと分かったら離れていきます。

モラハラ退避に限らずご参考に!

わたしの過去を思い出しながら、どの瞬間がいけなかったのか分析しました。

モラハラ人間をあぶりだして早期にあなたから去って行ってもらう方法ですが、
やりすぎるとモラハラじゃないふつうのイイ男も近寄ってこないかもしれません(笑)
そこらへんのさじ加減は気をつけてくださいね。

とはいえ、結婚に限らず、人間関係でもこのような接し方でつき合える人ならストレスないですよね。

モラ夫と結婚してしまってる方もそういう視点で参考にしてもらえたらうれしいです。

コメント