慰謝料や返済金ではなく「解決金」としてなら払う人たちがいる

この記事は約4分で読めます。

小室圭さん無事に解決金を振り込む

あの小室圭さんが、ついに母親の元婚約者に解決金を支払ったそうですね。

かいけつゾロリ
これは子どもたちが大好きだったかいけつゾロリ

長い長い文書を発表したときから、

「借金ではないから返済すると認めたことになる」
ということで拒否しつつ

「解決金を渡して和解することができれば」
と提案されていましたからね。

でも、振込額は409万3000円だったとのこと…。

このキリの悪い金額はなぜかというと、経済的支援として受け取った総額らしいです。

え? むしろ借金の返済としてキッチリ計算してないかい?

ふつうは「400万円」とか「450万円」とかのスッキリした額じゃないの?

と思ったのはわたしだけではないはず。

この点、本人や代理人弁護士はどういう考えなのでしょう?

「解決金」って、当人同士が話し合って納得した金額じゃないの?

もし話し合って、総額がコレだからということで決まったのならやっぱり借金返済っぽくなるよね?

あるいは話し合って400万円って決まったとして、謝意として上乗せして渡そうと考えたとしても、410万円とかでいいよね?

もらった総額と同じ額を渡そうと思ったのなら、やっぱり借金返済っぽくない?

と、なにをするにしてもツッコミどころが発生するのはさすがですが、なんにせよ生活にお困りだったということですから元婚約者の方は心底ホッとしたことと思います。

モラハラ離婚あるあるの「解決金」

解決金とは、財産分与、慰謝料、養育費などの法的根拠にもとづくものではありません。

慰謝料というのは損害賠償金の意味合いがあり、離婚の原因をつくったほうが払うべきものです。

ですが、ごぞんじの通りモラハラ人間が自分の非を認めて慰謝料を払うなんてことはありえません。

自分は悪くないのに、勝手に被害をでっちあげて出て行って、お金を請求し離婚を要求する妻に対して、なぜ慰謝料を払わないといけないのか!

モラハラ人間は本気でそう思ってます。

だけど、卑劣なモラハラの証拠(録音、日記など)をつきつけられたり、協議が長引いて形勢が悪くなってくると、もはや離婚は避けられないとある時点で気づきます。

そのときに、慰謝料ではなく「解決金」としてなら応じる可能性が高いのです。

解決金だと、慰謝料のように明確に悪いことしたから払うという性質のものではなく、定義があいまいだから納得しやすいんでしょう。

もしかしたらモラハラ人間の脳内では、
ー徳の高い自分が折れてやって解決金として払ってやって事態を収束してやろうー
ぐらいのイメージで自分のプライドを必死に守っているのかもしれません。

わたしのモラ友が最近やっとのことで離婚が成立したのですが。

高所得モラ夫で不倫もしているので慰謝料500万円請求していましたが、慰謝料どころか財産もごまかして分与するものはないと主張を続けました。

だけど、調停は不成立になり、新たに裁判になってから最終段階で、慰謝料や財産分与は払わないがしかたないから解決金として500万円払う、ということで決着したそうです。

↓モラトークに登場したミナミさんです

わたしの離婚の際も、弁護士さんは
「モラハラで受けた苦痛への慰謝料を請求できるけど、まず払わないから解決金として払ってもらう手もあります」
と言ってました。

解決金は、モラハラ離婚あるあるなのですね。

お金に色はないから「解決金」でもいいんじゃない?

モラハラするような人間は、自分は悪くないと思っています。

いや、本当は、自分は悪いことをしていると感づきながらも、それが止められない自己中でサディスティックな性格だから、自分は悪くないと自分に暗示をかけているともいえます。

モラハラするかどうかは別として、世の中には、自分の非を認めたがらず、自分のまわりの人間が非常識で頭が悪いと見なしてくる人種がいます。

そういう人種は、まっとうな主張をして慰謝料を請求しても払ってくれません。

だがしかし、弁護士さんが提案はしてくれるでしょうが、ある段階で解決金という名前に変えて交渉をすることで話が進むことはあるということです。

モラ夫に謝ってほしいとか、反省してほしいとか、そういうくやしい思いはうずまくことでしょうが…。

お金に色はありませんから、解決金でもなんでも、受け取ることができたら「慰謝料」やら「養育費」やら「借金返済」やらということにしてヨシとしましょう。

安定のまじめにふまじめぶり。

コメント

error: Content is protected !!