モラハラ離婚をアシストするスマホに入れておくべき3つのアプリ

この記事は約6分で読めます。

モラハラ離婚はふつうの離婚ではありません。

なぜなら、相手が特殊なモラハラ人間だから。

まずはモラ夫に予告せず脱出して別居を強行し、後は弁護士を入れて調停を申し立てる。

すべての相談先でこう提案されるし、モラハラ脱出を成功させた脱モラ妻のほとんどがその通りの方法で離婚しています。

もちろん、わたしもそうでした。

ふつうの離婚とはちがうモラハラ脱出離婚までには、弁護士が入ることでお金や手間がよぶんにかかります。

そんなモラハラ離婚の過程において、とても役に立つお助けアプリを3つご紹介します。

Evernote(エバーノート)

Evernote

世界で2億人が使っているメジャーなクラウドノート「Evernote」、使ってますか?

わたしは6年前から使ってて、このおかげで紙ベースの書類をたくさん捨てることができました。

エバーノートは本当に便利!
今まで家に帰って探さないと確認できなかったデータなどが、どこにいてもスマホから取り出せるんです。

エバーノートなら画像で取り込んだ中の文字までキーワード検索ができるので、
たとえば家電店で体温計の電池の型番に迷っても、あらかじめデータさえ入れておけば一発で解決します。

で、このエバーノートが別居やら調停やら離婚やらで、めちゃくちゃ活躍してくれました!

モラハラされたときのくわしいやり取りをメモしたり、(ゲスノート)
モラ夫の口座情報や所得証明など写真に撮って保存したり、(離婚資料)
支援金関係や調停の手続きに必要になる資料など、
そういうものをスマホから即座に取り出せるので弁護士さんとの連絡もスムーズでした。

画像はわたしのエバーノートの一部。
冊子になってないけど一応とっておきたい説明書はパシャしてエバーノートへ。
サーキュレーターのそうじのときの分解方法が覚えられないので入れてます。

画像アルバムとか、メモとか、アドレス帳とか、日記とか。
もちろん、それぞれのアプリなんかでスマホに入れることはできるけど、
それじゃ検索して呼び出すことが一元化しないので、
保存するときは気軽だけど、いざ使いたいときがイマイチ。

データというものは、保存することが目的ではないですよね?
そう、必要なときにサッと取り出して使えるようにするために保存するものです。

その点エバーノートならそのアプリの中に全部いれられ、検索機能がバツグン。
クラウド保存なので、容量も圧迫せず自分のスマホ以外でもWEBブラウザからもアクセスできる。

ユーザーが多いので使い方はネットでいくらでも調べられます。
だからだれでもすぐに使えるようになりますよ。

楽天銀行

わたしは前身のイーバンクのころから楽天銀行を愛用しています。

楽天ポイントユーザーのわたしと相性がいいし、振込手数料がかからず金利もいいから手放せません。

ハッピープログラムにエントリーして残高10万円以上あれば月1回振込手数料無料。
マネーブリッジといって、証券口座を開いて銀行口座と連携するだけで(取引しなくてもOK)、普通預金の金利が大手銀行の100倍の0.1%にアップ。

ハッピープログラムのステージに応じて、手数料無料の回数が増えたり楽天ポイントがたくさん貯まったりします。

弁護士さんと契約すると、支払いのためにお金を振り込む機会が多くなります。
とくにわたしは毎月分割払いにしてもらったので、いちいち振込手数料なんて払ってられません。

インターネットバンキング自体は他の口座でも20年ちかく前から使っています。
だから銀行の窓口へ行くことはほぼないし、振込手数料がかかることもないし、それがふつうだと思ってました。

修学旅行の代金の振込みのとき、多くの人が
「地方銀行から都市銀行宛の振込みって手数料高いね!」
と言ってたので、意外とネットバンク使わない人いるんだなとビックリしました。

低金利の今は銀行に預金しててもほとんど金利もつかないのに、振込手数料やATM手数料なんて1円も払ってる場合じゃないですよ。

もちろん、振込手数料無料のネット銀行は他にもたくさんあるので、どこでもいいからネットバンクをつくってくださいね。

LINEout

モラハラ脱出前後は、弁護士さんとの電話のやりとりがものすごく多くなります。

わたしが契約した弁護士事務所では、電話をかけたらすぐにかけなおしてくれるところだったけど、そうでなければ通話料がイタイ!

モラ夫との交渉で重要な局面なんかの打ち合わせになると、1時間通話とかもザラですよ。

大手携帯電話会社を使っていてカケホーダイプランに入ってるなんて人は問題ないけど、
わたしみたいに格安SIMで月1000円台で使ってる人なんかは高いオプションのカケホーダイオプションつけるより、LINEoutを使いましょう。

LINEならだれでも使ってますよね?
だからLINEoutはもう入ってます。
LINEのホーム画面の中の「サービス」にすごくたくさん項目がある中、「便利ツール」に「LINE Out Free」が入ってます。
設定からホーム画面に追加をしておくと、LINEoutのショートカットアイコンができるのでふつうの電話のように気軽に使えます。

くわしくは公式サイトをごらんください。

LINE通話を使ってるって人はいると思いますが、LINEを使ってない人へも「LINEoutfree」といって、
30秒ほどの広告を見ると固定電話に3分無料通話が1日5回までできます。

また、LINEoutを利用しているお店や病院などへは無料通話になるので、予約の電話を入れるときなどは調べる価値ありですよ。

もちろん、弁護士さんとの電話に無料プランではむずかしいので、課金のほうで利用します。

LINEoutはプリペイド式の「コールクレジット」なら固定電話宛は1分3円。携帯電話宛でも1分14円。
「30日プラン」なら、たとえば固定・携帯電話宛最大120分通話プランは720円だから、1分6円。

わたしはLINEモバイルを使ってるので、「いつでも電話」という安い電話アプリが入ってるけど、それでも1分20円かかります。

もうね、LINEoutがダンゼン安いです!
とりあえず120円のコールクレジットを買えば、固定電話に40分かけられますので(有効期限180日)試してみては?

モラハラ別居後も通話料を気にすることなく実家の固定電話にかけられるので安心ですよ。

ケイタイしかない別居生活では、デフォルトの電話を使うのと安いアプリを使うのとでは請求金額が全然ちがいますからね~。

使い慣れておくことがだいじ

脱出なんてまだまだ夢のまた夢…。

というあなたも、ひとまずアプリを入れてさっそく使い始めましょう。

この3つのアプリはモラハラ別居しなくてもふつうに重宝します。

エバーノートはアプリにパスワードかけられるのでモラハラ記録も安心ですし。

モラハラから逃げるにあたっては、お金も手間もなるべく削っていくことが大切ですよ。

コメント

  1. いもぞ より:

    ルカ様 ありがとうございます。
    うちの残念な夫と全く同じようなことをする人が実在するのだ!と、本当に目から鱗です。
    そして、そこから脱出した道のりを詳細に教えて下さり、ありがたいです。
    わたしも脱出できる!と希望を持つことが出来ました。

    • ルカ より:

      いもぞ様

      コメントありがとうございます^^
      全く同じですか・・・ウヘーですね。
      他のことでそんなに似てることする人っています?もう本当にモラ族という人種ですよね。
      脱出できますよ!届かないような夢も、できるかもしれないと思った瞬間から近づいていきますから。
      モラハラ被害者は元来努力家なのですから、しかるべき方向へ向けて努力するだけできっと叶います!

      • いもぞ より:

        ルカ様、早速のお返事ありがとうございました。「全く」は言い過ぎかもしれませんけれど、車に同乗するのは拷問とか、どんどん減らされていく家計の話とか、あああ!まさにその通り!と涙が出ました。
        ちなみに夫は定年退職金を全額自分のお小遣い口座に入金させて横取り。いくら手にしたかも不明です。継続雇用の手取りは月10万程度、子供達はまだ私立大学生です。足りるわけない!
        卒業までただひたすら我慢の日々です。

        • ルカ より:

          いもぞ様
          もう定年退職なんですね。妻だったら所得証明とか課税証明書とかで前年の所得見れませんかね?
          役所へ出す委任状なんて適当に書いて通りますよ。しかるべき時に備えて妻のうちに取れる書類は取っておいたらいいです。
          よく子どもたち大学生に育てるまで辛抱しましたね。卒母後は卒モラもして第二の人生謳歌しましょうね。
          似た境遇の「あすみとモラハラ夫との13000日」という方のブログがあります。
          ごらんになってみてはいかがでしょうか。
          https://www.hyumama.com/

  2. いもぞ より:

    ルカ様 再度ありがとうございます。
    夫は昨年定年になりましたが、
    今年6月に取得した課税証明書には定年退職金と思われる金額は載っておりませんでした。
    退職所得として、別個の扱いになるとかそういうことなのでしょうか?(勉強が足りない次第 泣)

    一部上場企業38年勤続で、もらっていない訳はなく、昨年、勇気を振り絞って尋ねた際は
    ブチ切れながら「少ししかもらっていないっ!」と絶叫しておりました。
    あ、もらったんだね。笑 
    横取りを認めたね。笑

    弁護士にも相談済みで、しかし、とにかく子供の卒業まではと思っています。
    ご紹介頂いたブログ拝見します。
    ありがとうございます。
    先になりますが、進展がありましたら是非またご連絡させて頂きたく。

    ルカ様、今後も悩めるモラハラ被害者のためにブログ執筆宜しくお願いします!

    「モラデイズ」に会えたこと本当に感謝しています。

    • ルカ より:

      いもぞ様
      課税証明書では判明しないんですね?知りませんでした。
      でもモラ夫がもらったと言ってるし、一部上場で38年勤務なら数千万ないですかね?
      少ししか、と言ってるんなら1千万とか。
      弁護士さんに相談してみるといいかもしれませんね。
      一歩踏み出せているようで、よかったです!

  3. いもぞ より:

    ありがとうございます(^^)
    一歩が、いずれ大きな道のりになるよう、
    頑張っていきたいです。